オルニパワーZnプラス独自成分はホントに肝臓に効果あり?成分単位の肝臓への効果について

オルニパワーZnプラスは肝臓で悩んでいる方にオススメのサプリです。
肝機能を高めてくれる有効成分・オルニチンを高配合しており
亜鉛やアスタキサンチンといった成分もプラスされているので
肝機能を改善して悩みにアプローチできるんですよ。

 

 

そこで今回はオルニチンと亜鉛、アスタキサンチンという3つの成分が
どのようにして肝臓に働きかけてくれるのかをまとめました。

 

 

◆肝機能を高めてくれる成分・オルニチン

 

肝臓には代謝、解毒、胆汁の分泌といった役割がありますが
このうちの代謝と解毒を助けてくれるのがオルニチンです。

 

・アンモニアの解毒をするオルニチンサイクル

 

私たちの体内にはアンモニアなどの有毒物質が存在します。
アンモニアは代謝にかかわる回路を阻害したり
全身機能を低下させてしまう性質があるため
肝臓の解毒機能によって尿素に変換され、体外に排出されます。

 

アンモニアを解毒するための回路はオルニチンサイクルと呼ばれ
その名のとおりオルニチンの働きによって動いています。
オルニチンサイクルが正常に機能することによって
肝臓はエネルギーを生み出す代謝を行うことができますので
オルニチンは肝臓にとって不可欠な成分だといっても過言ではありません。

 

エネルギーが大量に生成されると身体は疲れにくくなり、疲労回復が早くなります。
ホルモン分泌や栄養供給がスムーズにできるようになり
全身の健康状態が保たれるのです。

 

 

◆アルコール分解を助ける成分・亜鉛

 

飲酒すると体内にはアルコールが取り込まれます。
アルコール自体は無害なものですが、分解される過程で有毒物質に変化します。
この過程で大量に消費されるのが亜鉛です。

 

亜鉛が十分にないとアルコール分解がうまくできなくなり
肝臓の代謝・解毒機能が低下したり
残留したアルコールの影響でアルコール性肝障害になってしまいます。
肝炎や肝硬変などの重い疾患になることもあります。

 

また、アンモニアを分解する酵素のなかには
亜鉛がないと正常に働けないものがあります。
オルニチンサイクルを機能させるためにも亜鉛が必要なのです。

 

 

◆脂肪肝予防ができる成分・アスタキサンチン

 

アルコールや脂質の過剰摂取は脂肪肝を起こす要因です。
脂肪肝になると肝機能が低下するだけでなく
肝臓病の発症リスクが高くなります。

 

こうした脂肪肝を予防する効果があるとされているのが
アスタキサンチンという成分です。

 

アスタキサンチンを体内に取り込むと肝臓に脂肪がつきにくく
肝組織が炎症を起こす確率が下がるという研究結果があり
脂肪肝の予防や改善に有効だと考えられています。

 

また、アスタキサンチンはとても強力な抗酸化作用があります。
細胞を壊して機能低下させる活性酸素を抑制・除去してくれるので
肝臓を守って機能低下を防いでくれるのです。

 

 

◆オルニパワーZnプラスにはどんな効果がある?

 

オルニパワーZnプラスにはこうした主成分が使われていますので
肝臓の働きを正常化して全身状態を整え
脂肪肝や肝炎などの肝臓病を予防する効果があります。

 

加齢に伴って肝機能は低下してしまいがちですので
オルニパワーZnプラスで有効成分を取り入れていくことが大切ですよ♪

 

さらに詳しい情報は公式tページにも記載されているので、お買い求めの場合以外でも是非ご確認ください。

 

⇒オルニパワーZnプラス公式ページへ

 

\\限定割引78%オフ!!//

関連ページ

オルニパワーZnプラスは効果あるの?効かないってほんと?
オルニパワーZnプラスはオルニチンをはじめとした有効成分の塊で、肝臓にガツンと効く効果があります。こちらをご覧ください!
γ-GTPやALT、ビリルビンへの効果・改善についてのまとめ
オルニパワーZnプラスのγ-GTP・ALT・ビリルビンなどをはじめとする肝臓数値の改善に焦点を当てた解説を行っています。